2021年のイベントスケジュール  関連団体のスケジュールも含めて

  

 月10日(日)   ハッピーニューイヤーダンスフェスティバル RPDTA主催  中止

 1月17日(日)   NPO法人 I LOVE DANCEフェスティバル 中止

 1月17日(日)   RPDTA総会 第2回指定講習会

 月28(日)   第7回 RPDTAワークショップ

 月25(日)   第8回 RPDTAワークショップ

 4月29(木・祝) スプリングパーティ 中止 

 5月 5日(水・祝) NPO法人 I LOVE DANCEフェスティバル  中止

 月23(日)   第9回 RPDTAワークショップ

 月27(日)   第10回 RPDTAワークショップ

 月25(日)   第11回 RPDTAワークショップ

 8月 8(日・祝) サマーパーティ 

 月12(日)   第12回 RPDTAワークショップ

  9月20日(月・祝) NPO法人 I LOVE DANCEフェスティバル

 10月 17(日)   第13回 RPDTAワークショップ 

 11月 14(日)   第14回 RPDTAワークショップ 

 12月 11(土)   ウィンターパーティ 

 

2022年のイベントスケジュール  

 

  9日(日)   ハッピーニューイヤーダンスフェスティバル RPDTA主催 

 1月10日(・祝) NPO法人 I LOVE DANCEフェスティバル

 1月23(日)   第15回 RPDTAワークショップ 

 


2021.11.14. 第14回ワークショップ

11月14日 14時から、荻窪のタマオキトモヒロダンススクールで開催されました。コロナの緊急事態はやっと解除となりましたが、今回も検温、体調アンケート、アルコール消毒をして、さっそく開始です。

今日は、片野先生がしっかり1時間、「ウォーミングアップと男女のポジションについて」の講義。

「ダンスを始める前に、足の指からゆっくり血行を良くしてほぐしていきます。まず足の小指と薬指を前後に開いて動かします。次に薬指と中指を前後に、人指し指と親指。次に足の裏の親指の下を押して、小指の下、かかとの上当たりを押してもんでください。次は足の裏から足首を曲げてふくらはぎを伸ばすように・・・最後に手のひらで指をくるんで裏側に曲げて甲を伸ばします。全体がほぐれて軽くなりましたね。反対の足も同じようにほぐしていきましょう。」

「さて、今日は『1人のバランスと2人のバランスについて』のお話しをします。普段歩くとき、私たちは進む方向に対して目線、胸、おへそ、そして脚は同じ方向にありますね。このように、日常生活では進みたい方向に身体の面と目線が向いています。これが一人のバランス。スタンダードでは図のようにカップルの右ボディがコンタクトしています。例えば男性が前進したい時、ここで問題が起きてしまいます。女性の右ボディがあるため、うまく進めません。シャドウでは踊れるのに組んだ瞬間思うように進めないという経験があると思いますが、まさにこれが1人のバランスで踊っているからです。ここで2人のバランスを考えてみましょう。・・・(以下省略)」

そして個別レッスンに。今回の先生は杉崎先生も参加、豪勢な7名の指導陣です。 15分ずつ先生が代わり、あっと言う間に1時間が過ぎ、もう終わりの時間。

今年はこの会で終わり。次回は来年1月23日14時~ 大森のダンスジャルダン大森山王ステューディオです。コロナの感染状況が落ち着いていたらその後新年会を予定しています。

                                   詳細はRPDTAから                                 


2021.10.17. 第13回ワークショップ

10月17日 14時から、聖蹟桜ヶ丘のマイダンススクールで第13回ワークショップが開催されました。コロナの緊急事態は解除となりましたが、今回も検温、体調アンケート、アルコール消毒をして、さっそく開始です。

今日は、前回に続いて森武和先生の「ウォーミングアップとサルサのステップについて」 「まずは首から順にゆっくり回していきましょう。・・・次は肩。腰・・・その場でステップ。左右に体重だけ移動しながら・・・ワンツウスリーはつま先、フオーはかかと、右にステップ、左にステップ、次は前にステップ、後ろにステップ・・・だんだん早くして・・・次は、全員が輪になってください。前に、後ろに、3回目はリーダーはクローズボティリードをしましょう。リーダーは右横に身体を開いて、パートナーを前に送ります。・・・」

次は中井理恵先生。「ワルツのリズムですが、曲によってはリズムを取りにくいものもありますね。指揮者のように手で三角形を書いてみてください。手を上から振り下ろしながら弧を描いてください。ワン、ツー、スリーのツーとスリーの間からフォローに入る。この時、手首はもう力を抜いて次の動きに向かって下におろしています。このちょっとした瞬間をとれるようになれば、音楽にのって流れるように動くことができます。・・・(中略)」

そして個別レッスン。今回の先生も豪勢な7名の指導陣です。あなたの前方向はどっちですか。そちらに向かって体は開いて大きく踊って、ゆっくり」「手を広げてから前にもっていく。肘を忘れずに!」

動きを文字にするのは無理でした!!ぜひご自身で体験してみてくださいね。

15分ずつで先生が代わりますが、先生方もなかなか話が終わらない。皆さん熱心に繰り返していて、教室は笑いが絶えず、皆さんしっかり受け止めながら楽しそうでした。あっと言う間に1時間が過ぎ、もう終わりの時間。

次回は11月14日14時~当ダンススクールの予定です。           詳細はRPDTAから                                 


2021.9.20. ILOVEDANCE フェスティバル

第59回 NPO法人 ILOVEDANCE フェスティバルが

池袋のアカデミーホールで 開催されました。

スクエアルンバ、ベーシックサンバなどのラテン種目から始まり、サルサ、マンボ、チャチャチャ、アルゼンチンタンゴなど、そして、スタンダードの種目のワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、ブルースやヴィニーズワルツ、クイックステップなど様々な種目の競技が続きます。熾烈な戦い!さて個人の総合優勝は・・・

 

 一番右から司会の荒木千恵さん 

審査は玉置きよ子先生 伊藤武先生 杉崎加代子先生 

後ろは企画進行の責任者 玉置朝啓先生 です。

  先生がたの厳しくも暖かい審査、先生もお疲れ様!! 

  詳しくは主催のNPO アイ ラブ  ダンス ホームページへ 

 


2021.9.12. 第12回ワークショップ

9月12日14時から、ダンスジャルダン大森山王ステューディオで第12回ワークショップが開催。今回も熱心な皆様がお集まりくださり、検温、体調アンケート、アルコール消毒をしてさっそく開始です。

今日は、森武和先生の「ウォーミングアップ」「首から順にゆっくり回していきましょう。(中略)・・大分ほぐれましたね。ではパートナーと向かい合って、手のひらを合わせて前に倒れるぅ~~。手のひらを上下に重ねて指先だけまげてひっかけて体重を後ろに移動して・・もっと倒れられますよ。手のひらをかえして、同じように・・・」体幹を鍛えてお互いのコネクションを把握するんだそうです。

次は中井信一先生。「ロアとフォールの違いがわかりますか。ロアは自分で体重の移動をコントロールして下に体を落とすこと、フォールは体がストーンと落ちることです。移動中は頭をキープ、足を開いてゆっくり下がる、ロアです。・・・・やってみましょう・・・」(中略)

そして個別レッスン。今回の先生も豪勢な7名の指導陣です。「ダンスに 待つ はいらないの!相手をじっとみて待ってちゃダメヨ。一緒に動いて」「組む相手を引っ張らない!相手の進路を作ってあげる。相手にさせないで自分が動いて道を広げてあげよう。パートナーを自由にしてあげる!・・・」

15分ずつ先生が代わり、皆さんも先生ごとに課題を質問して、先生方も伝えたいから話が終わらない。教室は笑いが絶えず皆さんしっかり受け止めながら楽しそうでした。あっと言う間の1時間でした。 

次回は10月17日14時~ 聖蹟桜ヶ丘のマイダンススクールの予定です。  詳細はRPDTAから 

                                 


2021.8.8. サマーパーティ―開催

8月8日(日) 東陽町のホテルイースト21永代の間でタマオキトモヒロダンススクールのサマーパーティーが開催されました。コロナ禍の中、ホテルも関係スタッフも細心の注意で、恒例の検温、アンケート、アルコール消毒をして、会場へ。

14時、スタンダードのタンゴのトライアルから始まりました。続いて、ラテンのチャチャチャ、ワルツ、サンバ、スローフォックストロットにルンバ。ラテンとスタンダード交代交代です。皆さん息を整える暇もなく頑張っていらっしゃいました。

会場の永代の間は天井も高く、中央のフロアを囲むように、円卓に5人ずつくらい。いつもの人数の半数と、間隔をあけて着席しています。今回も出演者の応援では声は出さずに、熱い拍手でした。 

次はアマチュアのショータイム。トップバッターは、かわいい2人の女の子。若槻先生と田代先生の振り付けで、4人の素敵なダンス。将来が楽しみですね。

今回は、タマオキトモヒロダンススクールの生徒様のほか、イトウダンススクール、東海林ダンススクール、横浜桝岡ダンス教室、ヤスオカサトルダンススクール、そして今年独立した岡田先生、若槻先生のオカダダンススタジオの方々もご披露いただき、素晴らしいデモンストレーションでした。皆様、日頃どれほど熱心に練習をされているのかが伝わってきます。


アマチュアの皆さんの後は、プロの時間!!\(^o^)/

当教室の鬘谷、藤原、山本、田代、片野の素敵なデモンストレーション。あら、松本先生が・・・今回は、パートナーのご都合でデモは欠席とのこと。残念でしたね。皆さん趣向を凝らして、それぞれの世界を踊りで見せてくださいました。(拍手)。

今回は岡田先生の独立後初めてのパーティということで、お祝い!!🌺優雅にご披露いただきました。

ちょっとご挨拶をとお願いし、ダンスの直後でしたが、お話しをいただきました。

「4月にオープンして・・・よろしくお願い申し上げます・・・」息が上がって、汗だく、言葉に詰まって、目に汗でしょうか?。

その後、東海林先生、安岡先生のデモンストレーション。そして、最後にオーナー玉置のダンスは久しぶりのチャチャチャ。いつもの雰囲気とはちょっと違ってお茶目な感じもして、魅了されますね。 

ダンスの後は、落ち着いてディナーの時間。席は離れていてもいろいろ周りの人と少しお喋りをしながら、美味しいお食事をいただき、18時半にはお開きとなりました。 


2021.7.25. 第11回ワークショップ

7月25日 オリンピックが開催されている中、荻窪の当ダンススクールに十数人がお集まりくださり、第11回ワークショップが開催されました。今回も検温、体調アンケート、アルコール消毒をして、14時からさっそく開始です。

今日は、安岡覚先生の「ルンバのステップ、ウォーキング」。「まずは、身体の芯を保って脚を動かします。膝を意識して左の膝に重心をのせ膝を伸ばし、ニーバック。頭を動かさずに腰が動いていく。足が寄っていく。これは5つのポイントがあります。

1.骨盤が前へ 2.へそが前に 3.膝が前に 4.右足と左足の中間バランス 5.右にターンアウト(左足の裏が見える位つま先立ちだけど、フロアから離さない)。次は後退のしかた。腰が・・・・・(中略)。手の使い方として、手を広げて動かす時、水をこぼさないように手のひらを上に向けて・・・」文章にするには難しい!!

次の先生は、中井理恵先生、信一先生でテーマは"足を開く"。まずは、理恵先生から。「股関節はどこにありますか。それはお尻のエクボの奥、ヒップジョイントとも言います。骨盤を立てると動きやすくなります。この姿勢が大事。両手を上に伸ばしきる状態が正しい位置です。」ここから信一先生。「アルナスはすごく足を開いています。股関節を開いて90度回転します。ツースリーホー、(すーっと前に足を出して)スロー(ローテーションで)クイック。あ、予備歩も大事で、前準備をしてスローで大きく開いて頭は後ろに残しながら・・・・」皆さん実際に来て見て体験してください。(@_@;)

個別レッスンに入りました。今回の先生も豪勢な7名の指導陣。「リーダーとパートナーが向き合って手を繋ぎ、前に押す、こちらに引く、相手が強くても弱くても意思は伝わりません。呼吸を合わせて顔を見る、相手を信頼する、途中で力を抜かない、やめない・・・」遠慮しちゃいけないんですね。 

8月は夏休み、 次回9月を予定しています。ネットでお知らせします。       詳細はRPDTAから 

                                 


2021年1月~  6月の活動記録は こちらから

2020年7月~12月の活動記録は こちらから

2020年1月~  6月の活動記録は こちらから

2019年7月~12月の活動記録は こちらから

2019年1月~  6月の活動記録は こちらから

 

 

不許複製  許可なく複製、使用を禁じます。ご連絡ください。

Photo by Miyako Kamagata