★ハッピーニューイヤー ダンスフェスティバル 2022 開催 

 

令和4年1月9日 東京都立産業貿易センター浜松町館3階 にてNPO法人 I LOVE DANCE主催 令和プロフェッショナルダンス教師協会共催 タマオキトモヒロダンススクール主管で 2022年のハッピーニューイヤーフェスティバルが開催されました。昨年はコロナの影響で実施できず、今年は皆さん感染対策をおこなって待ちに待った開催です。

種目数 26、参加者総数579組、午前10時から19時過ぎまで、熱戦がくりひろげられました。

種目はラテンとスタンダードに別れ、小学校3年生以下のクラスからダイヤモンドシニアのクラスまで、男子ソロの部、女子ソロの部もあり、参加者は複数参加できます。1種目のみの人もいればラテン、スタンダード合計12種目にエントリーする人もいて、参加競技のスケジュールいっぱいに演技を披露。

リーダーとパートナーの年代が異なるカップルはそれぞれ別の年代にもエントリーすることができます。また、リーダーは別のパートナーと組んで別階層にエントリーする組もあります。カップルが代わるので、背番号を別に持っていて、取り替えるのに必死です。特にガールズは種目が多く、ジュビナイルガールズ、ジュニアガールズもあり、オープン、高校、中学、ソロパートナーとかソロリーダーにエントリーする人もいて、12種目もありですね。凄い!!

★小学校3年生以下の部の参加はラテン29組スタンダード28組。1次予選、2次リダンス、セミファイナル、決勝戦と頑張ってる~。5歳で参加の選手もいました。

★小学校4年以上の部の参加はなんとラテン47組、スタンダード39組。背番号を呼ばれても錯綜しそうな戦い。

★中学校の部の参加はラテン43組、スタンダード37組。中学校の部活動の他、いくつかのダンス教室からの参加もあり、熱心に指導を受けている様子がうかがえます。

小学3年以下の部

小学4~6年の部

中学の部


★高校の部の参加はラテン25組、スタンダード23組。中学生と高校生の区別は難しいです。華麗に踊る中学生、大人顔負けの高校生。見事なパフォーマンスです。

★種目の中には、一人で踊るソロという種目があります。リーダーのソロラテンは31名、スタンダードは35名。パートナーのソロラテンは30名、スタンダードは33名。ジュニアガールズはリーダーもパートナーも女子なので、リーダーとしてソロに参加する女子も多くいます。みなさん一人でエネルギッシュに爆発していますね。

高校の部

ソロリーダーの部

ソロパートナーの部


★ジュニアガールズ(15歳以下) ジュビナイルガールズ(11歳以下)は特に女子だけのクラスです。ジュニアガールズのラテンは25組、スタンダードは26組。ジュビナイルガールズのラテンは29組、スタンダードは28組。小学生も高校生も一緒のステージで元気いっぱいです。

★アンダー30の部はエントリーが少なく、ラテン7組、スタンダード7組でしたが、さすが美しいですね。

ジュニアガールズの部

ジュビナイルガールズの部

アンダー30の部


★次はシニアの部です。オーバー30、オーバー50 ダイヤモンドシニアのラテンは合計13組、スタンダードは15組でした。やはり格調高いですね。

★最後はオープンの組です。ラテンは8組、スタンダードは14組でした。年齢を問わずですが決勝戦のようです。

 

オーバー30 50の部

ダイヤモンド オープンの部

審査員 進行


さて、ラテン、スタンダードの多くの競技の判定をしてくださった先生方をご紹介いたします。

  山本千恵子  (ケヅカテツオダンスアカデミー) 全日本ダンス選手権前人未到の10年連続元全日本チャンピオン

  玉置きよ子  (タマオキトモヒロダンススクール)元全日本ラテンチャンピオン、スーパージャパンカップ選手権チャンピオン5回優勝

              全日本フリースタイル選手権優勝4回優勝 日本インター選手権チャンピオン 全日本選手権チャンピオン

  天野京子   (アマノダンスアカデミー) 全日本ダンス選手権9年連続優勝、プレミアプロマスターズ8回連続優勝

              NHK杯日本インターナショナルダンス選手権3回連続優勝

  清水寿恵   (ミヤジマヒデユキダンススクール) 統一全日本ショーダンス選手権 クラシック部門 チャンピオン

  和田 恵   (オオムラアツキダンススタジオ) 元全日本ラテンアメリカンチャンピオン、元全日本10ダンスチャンピオン

              元全日本ショーダンスチャンピオン

  青栁朋子   (中村俊彦ダンスアカデミー) 元JBDF SA級ラテンチャンピオン

  安齋沙織   (大塚出ダンススクール) CFプロフェッショナルラテンチャンピオン

 

今回は着席のまま、審査をしていただきましたが、会場は横に広くてよく見えるので、先生方のジャッジに支障はないとのこと。委員長の山本先生はじめ、元チャンピオンの審査員の先生方は、1曲が短い時間でしたが、真剣にジャッジを進めていました。長い時間お疲れ様でした。

 

玉置先生、杉崎先生夫妻の進行でスムーズに進み、最後に各種目の優勝者によるオナーダンスが披露され、素敵なトロフィーが手渡されました。

入賞された皆様おめでとうございます。

入賞された皆様、惜しくも選にもれた皆様、お疲れ様でした。出場者をご指導された先生の皆様ありがとうございました。

 

                                              審査結果はこちら

                    

                                 お問合せ先:タマオキトモヒロダンススクールHNY係

                             Tel 03-3391-5522 Fax 03-3391-5571

                                 mail: dance@cj9.so-net.ne.jp